耳鼻咽喉科でよく見る病気

は、周りの音を集める役割を持つ耳介から外耳道を通って、鼓膜にたどり着き、薄い3層の膜でできている鼓膜から中耳へと進む。中耳の中にある音を増幅する役割をもつ3つの小さな骨(耳小骨)を経て、さらに奥にある内耳に位置する蝸牛にて音の強弱や高さ・低さを分析・認識し、前庭・三半規管によって平衡感覚が保たれている。

耳の解剖図

1)中耳炎

耳の鼓膜の奥にある中耳が炎症を起こす病気。急性中耳炎、慢性中耳炎、滲出(しんしゅつ)性中耳炎、真珠腫(しんじゅしゅ)性中耳炎に分かれる。

一般的に中耳炎といわれるのは急性中耳炎で、いきなり発症してしばらくすると治まる。再発を繰り返したり長引いたりするものもあり、これが慢性中耳炎と呼ばれる。鼻と中耳をつなぐ耳管や外傷などで破れた鼓膜の穴から、細菌やウイルスが中耳に侵入することが主な原因。子どもは耳管の通気性が悪く、感染を起こしやすい。滲出性中耳炎は、中耳が炎症を起こした際に粘膜から出る滲出液がたまってさらに炎症が起こる病気。急性中耳炎の治療が不完全だったり、鼻をすすり過ぎて鼻水が耳管を逆流し、中耳に達したりすることで炎症が起こる。真珠腫性中耳炎は、鼓膜の奥に耳垢がたまり真珠のような塊となることによって、めまいなどが引き起こされる病気。症状が進行すると内耳や中耳が破壊されてしまうことも。

2)外耳炎

外耳炎は耳介から鼓膜までの通り道である外耳道の皮膚に起こる感染症のこと。主な症状として痛みとかゆみが挙げられる。

3)めまい

一般に「めまい」と言われるものには、さまざまな症状がある。天井や自分の周囲がぐるぐる回る、体がぐらぐら、ふわふわした感じ、気が遠くなりそうな感じ、目の前が真っ暗になる感じ、物が二重に見える、などである。立ち上がったときに目の前が暗くなるような場合は「立ちくらみ」と呼ぶこともある。このような「めまい」の原因になる病気は一つではない。

代表的なものは、耳の奥の内耳という部分にある、体の姿勢を保つ器官が何らかの異常を来して起きる内耳性のめまい。また、脳卒中や心臓疾患、低血圧など血管の病気、脳・神経の病気、薬、外傷などが原因になることもあるため、原因にじた治療を行うことが重要。

4)メニエール病

激しい回転性のめまいと難聴、耳鳴り、耳閉塞感(耳がふさがった感じ)を繰り返す疾患。内耳を満たしている内リンパ液が過剰にたまる「内耳リンパ水腫」が原因で起こる。めまいの発作は数分で治まることもあれば、数時間続くこともある。発作の間隔も週1回程度から年1回程度と個人差が大きい。30〜50歳代に多く、高齢者には少ない。発症後1~2年程度で軽快することが多いが、数年以上にわたって続く場合もある。発作を繰り返すことで耳鳴りが慢性化したり、難聴が進んだりすることもある。薬の服用による治療が一般的だが、難治性の場合は外科的処置を施すこともある。

5)おたふく風邪(流行性耳下腺炎)

おたふく風邪は正式には流行性耳下腺炎といい、感染力が強い疾患として知られている。唾液を分泌する耳下腺(耳の前から下に位置する)と顎下腺(顎の下に位置する)が腫れて痛み、熱が出る。原因となるのはムンプスウイルスで、特に幼児~小学校低学年くらいまでの小児に多く発症する。「子どもの時に発症すると軽症で済む」などといわれることがあるがこれは正確ではなく、小児でも合併症を引き起こし後遺症が残る可能性がある。発生し得る合併症は無菌性髄膜炎・膵炎・感音性難聴(ムンプス難聴)など。また思春期以降の男性は精巣炎、思春期以降の女性は卵巣炎などが挙げられる。

6)外傷性鼓膜穿孔

外からのさまざまな刺激によって鼓膜が破れてしまった状態のことをいう。鼓膜に穴が開くと耳に突然痛みが生じ、時には出血することや難聴、耳鳴りが起こることもある。通常、鼓膜の穴は自然にふさがるが、手術による修復が必要となることもある。

7)突発性難聴

前触れもなく突然片耳(まれに両耳)の聞こえが悪くなる病気。耳には、音の振動を脳で感じるための電気信号に変換する機能がある。音から生じた鼓膜の振動が鼓膜の奥の小さな骨(耳小骨)を伝わり内耳に到達し、内耳で振動が電気信号に変換され、聴神経を伝って脳に到達し、音として認識されるが、これらの過程が障害されると難聴が生じる。

難聴には、外耳から内耳に音が伝わらなくなる伝音難聴と、内耳で音から変換された電気信号が脳にうまく伝わらなくなる感音難聴の2種類があり突発性難聴は感音難聴の一種である。この症状が出る人の年齢層は幅広いが、特に40~60代に多く見られる。聞こえにくさの程度は人によって違うため、まったく聞こえない場合もあれば、高音だけが聞こえなくなる場合もある。 

腔(鼻の中)の周囲には、副鼻腔と呼ばれる粘膜に覆われた空洞が左右の頬・額の下・両目の間の骨の中にの4か所ずつ存在し、細い穴で鼻腔に通じている。この空洞を副鼻腔という。

鼻の解剖図

8)副鼻腔炎

副鼻腔に炎症が起こるのが副鼻腔炎である。主に風邪などが原因で鼻の粘膜に炎症が生じ、それが副鼻腔の粘膜にまで広がって副鼻腔炎が起こる。このような状態を急性副鼻腔炎と呼び、通常は1~2週間程度で治るが、放置して長引くと慢性副鼻腔炎になってしまう恐れがある。慢性副鼻腔炎になると治療に時間を要することが多い。

9)アレルギー性鼻炎

アレルゲンと呼ばれるアレルギーのもととなる原因物質が、鼻の粘膜を刺激することでアレルギー反応が起こる疾患。主なアレルゲンとして、スギ花粉、ダニ、ハウスダスト(ほこりなど)、ブタクサ、犬や猫の毛などがある。スギ花粉など決まった季節に現れるアレルゲンが原因のタイプを「季節性アレルギー性鼻炎」、犬や猫の毛のように一年を通じて現れるアレルゲンが原因のタイプを「通年性アレルギー性鼻炎」と呼ぶ。人によって何がアレルギー反応の原因となるかは異なり、複数のアレルゲンを持つ場合もある。

10)花粉症

スギやヒノキ、ブタクサなどの花粉が、鼻の粘膜や目の結膜を刺激することによってアレルギー反応が起こり、鼻水や涙が止まらなくなる疾患。基本的には、原因となる花粉が飛ぶ時期にだけ症状が現れるが、中には複数の抗原(アレルギーの原因となる物質)に対するアレルギーを持っており、1年中症状に悩む人もいる。


当院では、2種類の方法でアレルギーを調べることができます。

①当日、約20分程度で結果のわかる簡易的なもの。
※アレルギーで主要な8種類を調べることができます。』(チクッと短い針を指先に刺して血液を採取するだけなので、小さなお子様にも行うことができます。)※ヤケヒョウダニ、ネコ、イヌ、ゴキブリ、スギ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ

②採血により39種類のアレルギーをチェック!

また、『スギ』『ダニ』のアレルギーのある方へは、『舌下免疫治療』を行っております。お子様から行えますが、当院の治療方針について、同意をいただける方に対して行なっておりますので、気になる方はお声掛けください。資料等もお渡しできます。

11)慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔が風邪などのきっかけで炎症を起こし、それが長引いて慢性的に(一般的には3ヵ月以上)続くものを慢性副鼻腔炎といい、副鼻腔にずっと膿がたまっている状態となる。そのため「蓄膿症」とも呼ばれてきたが、粘膜が腫れるだけで、膿はない場合もある。また、鼻の中に「鼻茸」と呼ばれるポリープができることもある。風邪などによって副鼻腔炎になっても、適切な治療をすれば治ることが多く、1ヵ月未満で治るものは「急性副鼻腔炎」という。長引いて慢性副鼻腔炎にならないため、早期に受診することが必要とされる。

12)鼻出血

ぶつかったとき、風邪をひいたとき、のぼせたときなど、ちょっとした拍子によく起きる鼻出血。多くの場合は鼻をつまむ程度で止血でき、特に問題になることはない。アレルギー性鼻炎をお持ちの方など、粘膜が弱くなっている場合も鼻出血の原因となることがある。大量の出血、いつまでも止まらない、日常的に繰り返す、持病がある、他にも気になる症状があるといった場合には、早めに受診を。

13)睡眠時無呼吸症候群

睡眠中、呼吸が10秒以上止まる疾患。1時間あたり5回以上の無呼吸、もしくは呼吸が弱くなる低呼吸が発生している場合は、睡眠時無呼吸症候群と診断される。いびきを伴うことがほとんどである。大きく3種類に分類される。

脳や神経などの異常で呼吸をするための筋肉への指令が行き届かなくなる「中枢型」(CSAS)

肥満などにより気道の上部(喉)が塞がってしまうことが原因の「閉塞型」(OSAS)

中枢型と閉塞型が混ざっている「混合型」がある

無呼吸によって血中の酸素が不足してしまうため、睡眠時にしっかりと体を休ませることができなくなり、日常生活に支障を来すことも少なくない。また、糖尿病や、高血圧などの生活習慣病になりやすくなり、脳梗塞や、心筋梗塞を招く原因になることも。

当院では睡眠時無呼吸症候群が疑われる患者様には、自宅でできる簡易検査を行い、より精密な検査が必要となった場合には精密検査ができる病院へ紹介し、適応があれば当院にて睡眠の質を改善するマスクを睡眠中につける治療(CPAP)を行います。簡易検査で重度の睡眠時無呼吸が認められる場合には精密検査を必要とせず、当院にてCPAP治療を開始いたします。

くちのど

口腔解剖図

14)扁桃肥大

咳や発熱などの症状がないのにもかかわらず、喉の奥にある口蓋扁桃(扁桃腺)が腫れて肥大した状態をいう。気道の周りを取り囲む扁桃は口や鼻から入ってくるウイルスや細菌をブロックすることで感染症を防ぐという役割を担う。そのため、抵抗力が低い子どもの扁桃が肥大化することは珍しいことではない。だが、扁桃は肥大し過ぎると、呼吸障害やいびきなどさまざまな症状を引き起こす。扁桃肥大には、主に口蓋垂の両脇にある口蓋扁桃が肥大する「口蓋扁桃肥大」と、鼻の奥にあるアデノイド(咽頭扁桃)が肥大する「アデノイド肥大」の2種類がある。

15)上咽頭がん

咽頭とは、鼻の奥から食道までの約13㎝の管。部位ごとに「上咽頭・中咽頭・下咽頭」と分類され、上咽頭にできる悪性腫瘍(がん)のことを「上咽頭がん」という。初期症状としては、鼻づまり、鼻血、耳の閉塞感、耳鳴り、難聴などが出やすく、首にしこりが現れることも。また、ほかの咽頭がんと比べると、初期の段階であっても首のリンパ節などに転移しやすいのが特徴。

16)帯状疱疹

子どもの頃に感染した水ぼうそうと同じ水痘・帯状疱疹ウイルスが、疲れやストレスなどの影響で体の免疫力が下がったときに再び活動を始めることによって起こる病気。通常、体の左右どちらかの神経の流れに沿って、帯状に痛みを伴う赤いブツブツとした発疹や水ぶくれなどがたくさん生じる。3週間ほどで治ることが多いが、ウイルスによって神経が傷つくことで発疹がひいても痛みのみが長期間にわたって続くことがあり、その状態は「帯状疱疹後神経痛」と呼ばれている。帯状疱疹が現れる場所によって、難聴、顔面神経麻痺、めまい、角膜炎、網膜炎などの合併症を引き起こすことも。 

17)三叉神経痛

三叉神経は顔の触覚や痛覚、冷熱感、口腔(口の中)・鼻腔(鼻の中)の感覚などを脳に伝える神経で、これに異常が生じることで顔に強い痛みを生じる病気である。特発性三叉神経痛と二次性三叉神経痛の2種類に分かれ、前者は血管による三叉神経の圧迫が原因と考えられており、後者では脳腫瘍、帯状疱疹など、原因となる他の病気がある。一般的に三叉神経痛と呼ばれる場合は、特発性のものを指す。激しく短い痛みが発作的に起こり、その時間は一瞬の走るような痛みであり、長くても数秒だが、一瞬の痛みが何度も起こることで「一日中痛い」こともある。

18)聴神経鞘腫

聴神経に腫瘍ができ、耳鳴りやめまいなどを生じる病気。正確には、音が聞こえる神経(蝸牛神経)ではなく、平衡感覚を司る神経(前庭神経)に発生する病気のため前庭神経腫瘍という。脳腫瘍のおよそ8~10%を占めている病気で、発症率が高い。腫瘍は良性であることが多い。聴神経を包むシュワン細胞が腫瘍化し、神経を圧迫することで耳鳴りなどの症状が出る。腫瘍は前庭神経にできることが多い。

19)顎関節症

顎は複雑な形状と多くの機能を持っており、筋肉と関節、神経が集中して下顎を支えている。食事や会話の際にはそれらが連動して機能するが、この顎の関節やその周辺部分に痛みが出たり動かしにくくなったりするのが顎関節症である。主な症状としては、口を開いたときに顎関節や顎の筋肉に痛みを感じたり、顎関節から音が鳴ったりする。顎関節症の痛みは、顎関節の痛みと咀嚼筋の痛みに分けられ、そのいずれか、あるいは両方が痛む。口が開けづらくなる要因としては、顎関節内部の関節円板(圧力分散のためのクッションの役目を担っている繊維がまとまった組織)がずれて関節の動きを妨げている、あるいは咀嚼筋の痛みで顎が動かせないことが挙げられる。

医療機関情報

医療機関名
ふくろうの森耳鼻咽喉科
院長
中村 健大
住所
〒187-0002
東京都小平市花小金井2-9-6 2階
診療科目
耳鼻咽喉科
電話番号
042-462-2960